ビーグレン

MENU

人気のビーグレンについて

以前の私は毛穴の開きにとても悩んでいました。
インターネットを利用して調べたり周りの人からケアの方法を聞いたりしてそれなりの対策をとっていたのですが、それでもなかなか改善をすることがなかったんです。

 

でも今はそんなこともないんですよ。
私はビーグレンを知ることができたことで、肌のトラブルから解放されたんです。

 

ビーグレンを初めて知ったのは、口コミサイトでした。
何をやっても毛穴が目立ち自分の目指す肌になることができなかったので、口コミサイト参考に情報を集めようと思ったんです。

 

そのサイトで大変な好評価を得ていたものが、ビーグレンでした。
幸いなことにビーグレンにはトライアルセットがあったので、早速このセットを使ってみることにしたんです。

 

するとビーグレンを使って5日目で自分の肌が変わったことを確信しましたよ。
やっと自分に合うものを見つけることができたという喜びで、感激でした。

 

この時以来ずっとビーグレンを使っています。もはやこれは必要不可欠なものとなっています。

草花木果のトライアルセット

ニキビができやすかったり、乾燥でカサカサになったり、でもしっとりタイプの化粧水などはベタベタして苦手で、いろいろ試したけど、どれもピンとこず。
で、以前から気になっていたのが、この草花木果シリーズ。

 

ずっと試してみたかったけど、通販しかなくどうしようか迷いに迷って、とうとう買ってしまいました。
まずは試しに草花木果のトライアルセットから。
草花木果の竹のさっぱりを注文。

 

注文から割りとすぐに届きました。中身は、洗顔ミルクと、化粧水、マスクジェル、それからコットンのプレゼントがありました。
量もしっかり使える量入っていて1100円はお手頃ですね。
草花木果、早速その日に使ってみました。

 

草花木果のどくだみシリーズのほうは匂いが気になるって人もいると聞いたので、竹はどうか心配だったけど、問題なし。
爽やかな香りで良かったです。つけ心地もサッパリ。これぐらいサッパリなら、冬場はしっとりでもいいかも。
とりあえず、今のところ肌に滲みたりピリピリしたりもないので、使い続けてみようかな。ニキビが減るといいなぁ。

パーフェクトワン使ってみました

友達に前から勧められていたパーフェクトワンをとうとう購入しました〜!
前からオールインワン化粧品に変えたいなぁとは思っていたんです。ものぐさなもので・・・

 

乾燥肌な上に、あまりに刺激の強い成分だと顔全体にプツプツと蕁麻疹みたいなのが出てしまう私の肌。
そんな肌事情を良く分かってくれている友達からもパーフェクトワンなら大丈夫!と太鼓判を貰ったので、ワクワクしながら最初のひと塗りをしたところ、正直びっくりしました。

 

パーフェクトワンは、容器に指を入れた瞬間はぷるっぷる。
なのに、指先で馴染ませるとサラサラ。何でしょうこの感触は!毛穴の奥までしみ込む〜って感じです。
パーフェクトワンについてた説明書によると、一回の量の目安はさくらんぼ大ということですが、私は朝だけ気持ち少なめに塗るといい感じでした。

 

何故かというと化粧下地にする時に若干少なめの方がファンデのノリがいいからです。
私がリキッドファンデだからっていうのもあるかもです。
パーフェクトワンを、手持ちの化粧品に合わせて量を調節するといいと思いますよ〜

プルプル肌になれるヒフミド

乾燥肌でやや敏感肌寄りだから、美容成分てんこ盛りの化粧水だと結構肌がピリピリしちゃって使えない化粧水が多いんです。
そんな中、肌に全く刺激がなくてちゃんと肌が潤ってくれるのがヒフミドのローションなんです。

 

ヒフミドは、成分的にもシンプルで安心だし、肌に全く刺激を感じないから安心して使えるっていうのが魅力の一つですね。
それにしっかりと肌に潤いをあたえてくれて、肌の内側からふっくら肌を作ってくれてるって感じがするんです。

 

乾燥がひどいなって感じた日の夜のケアには、ヒフミドのローションでコットンパックをするんです。
ヒフミドの浸透力がいつも以上に高まってくれて、寝ている間に乾燥した肌を回復させてくれるんです。

 

起きた時の肌のプルプル具合がとても好きで、高い保湿力があるんだなって実感することができます。
ヒフミドのローションはややとろみのあるテクスチャーだけどすぐに肌に浸透してくれるから、乾燥が気にある部分だけ重ねづけするようにすると、肌の調子がよくなりますね。

アンプルールのラグジュアリーホワイト

これまで、基礎化粧品は、同じブランドのライン使いはしませんでした。気に入ったブランドを、いろいろ使っていました。
ずっと、化粧水、美容液、乳液、クリームの順で顔に塗っていました。

 

ところが、40代になって、肌質が変化してきました。若い頃は、Tゾーンがべたつきがちで、ニキビができやすい肌質でした。
40代になって、化粧品カウンターで肌診断してもらったら、インナードライスキンだと指摘されました。

 

乾燥肌とは無縁だと思っていたので、肌の内側は乾燥しているといわれた時はとても驚きました。
しかし、最近、シミが増えて、肌が突っ張る感じがしたので、インナードライスキンは仕方がない事、年齢のせいだとあきらめていました。
そんな時に、スキンケアコスメのサイトで、アンプルールを偶然知りました。美容皮膚科の専門医が開発した女性の肌のためのスキンケア化粧品です。

 

アンプルールで若さを諦めていた気持ちが、又、綺麗になりたいという気持ちが蘇りました。
コスメ専門店でも手に入りそうでしたが、早く手に入れたかったので、通販で購入しました。

 

アンプルールの美容乳液ゲルを購入しましたが、「美肌点滴」のキャッチコピーにやられました。
アンプルールのラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEXは塗るごとに肌に潤いを溜め込みます。

 

あれほど気になっていたほうれい線が、1週間で目立たなくなりました。
頬のハリの他に、ツヤもすごくて、チークがいらないほどです。

 

あっさりしたテクスチャーだったら物足りなく感じますが、アンプルールのラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEXは、とろみのあるテクスチャーで、塗っていて、潤いがギュッと詰まったようで、塗りがいがある基礎化粧品です。

更新履歴